ここから共通メニューです


ビジネスに紙はいらないAfterコロナはコンタクトレス時代へ「NO!名刺」 名刺を前提とした「オンライン名刺交換」はではなく名刺を不要にする「PIエクスチェンジ」へ



 新型コロナウイルス禍を契機ににわかに整備が進むテレワーク。その前提となるのが業務のペーパーレス化です。あらゆるビジネスシー ンにおいて、紙に依存する、紙を媒体にする業務処理は無くしていくべきです。そうであれば、紙の名刺もいらないのではないでしょうか?
かつては、紙の名刺はそのまま保管され、名刺の束やホルダーが人脈の証でした。しかし、今は個人情報の保護や利活用の観点から、交換 された後はデータ化され、紙の名刺は廃棄されます。そうであるなら、はじめからデータでやり取りできた方が、効率性も環境適合性も優 れています。そして、この新型コロナの影響で、営業活動や顧客対応のスタイルも急速にコンタクトレス、非接触へとシフトしています。
 まさに今、名刺交換に代わる新たなID情報交換の手段が求められているのです。

 そこで、NIコンサルティングは、オンラインID交換「PIエクスチェンジ=PIeX」という新概念を提唱します。紙の名刺の存在を前提とした「オンライン名刺交換」ではなく、完全デジタル化によって活用度の高いID情報交換を実現するものです。PIeXには以下の3つのルートがあります。




コンタクトレス時代には対面商談が減り、Webミーティングを利用したオン ライン商談が増えていきます。その調整を『NI Collabo 360』のメール 機能で行なうと、メールの署名を読み取って『Sales Force Assistant』のデー タベースにパーソン情報として登録できます。


「オンライン名刺交換」はではなく
メールで事前に交換 ―Mail Exchange―

「オンライン名刺交換」はではなく
メールで事前に交換 ―Mail Exchange―
「オンライン名刺交換」はではなくWeb会議ではQRコードで交換 ―QR Exchange―

登録した自己PI情報から生成されたQRコードを、スマートフォンのカメラ でお互いに読み取ることでPIeXします。QRコードを埋め込んだWeb会 議システムの背景画像も生成できます。 Webミーティングの前にメールのやりとりができなかった相手に対し、自己PR コメントなど紙の名刺には書かれなかった、よりリッチな情報交換が可能となり ます。


「オンライン名刺交換」はではなくWeb会議ではQRコードで交換 ―QR Exchange―

オンライン商談が普及したとしても、リアルに対面する商談もゼロにはなり ません。その際には、専用のスマートフォンアプリでPIeXします。
応接室でソーシャルディスタンス(1.5〜2m)をとりつつも、3m以内程度に接近 するとBluetoothによってコンタクトレスでPIeXが可能となります。取り込んだ 相手のPI情報はアプリ上に一覧表示され、商談中に顔と名前を確認することもできます。
また、世界標準規格であるvCard形式でPI情報を送信することも可能で すので、相手方がアプリをインストールしていなくてもPIeXできます。


「オンライン名刺交換」はではなくリアル商談ではスマホアプリで非接触交換 ―Appli Exchange―

「オンライン名刺交換」はではなくリアル商談ではスマホアプリで非接触交換 ―Appli Exchange―



NIコンサルティングでは、経営コンサルティングノウハウを凝縮した可視化経営システム(SFA,CRM,BI,GW)を活用し、経営の見える化、経営体質強化、営業力強化を支援しています。生身の経営コンサルタントとITを融合させた、コンサルティングの新しいカタチで経営革新を実現します。 まずはお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る